【Nuraphone レビュー】最強の音質。自分専用の音を作れる唯一無二のワイヤレスヘッドホン。

イヤホン・ヘッドホン

Nuraphone」というとても奇抜なヘッドホンを購入したのでご紹介します。
当時クラウドファンディングで1億9,000万円の資金調達に成功し話題になったヘッドホンです。
定価は55,000円と割と高級なヘッドホンになります。

このワイヤレスヘッドホンの最大の特徴は聴覚測定で自分に最適なオーダーメイドサウンドを作ることができること。

更に形状が独特で、ヘッドホンの耳の部分にイヤーピースが付いていて、ヘッドホンとイヤホンのハイブリッドのような形状になっています。

個人的には万人にオススメしたいほど良い製品だと感じていますが、形状も仕様も独特過ぎて好みが分かれるかもしれません。

他にはないヘッドホンを求めている物好きな人や、音質に全振りしたヘッドホンが欲しいという人には特にオススメできます。

本記事ではそんなNuraphoneを実際に使用してみて感じたメリット・デメリットの感想をお伝えします!

【Nuraphone】特徴

聴覚測定によりユーザーに合わせた音を作れる
・カナル型イヤホンとオーバーイヤー型ヘッドホンが合体したデザイン
・反響機能によりヘッドホン自体が振動するため臨場感を得られる
ノイズキャンセリング・外音取り込み機能あり
・専用アプリで設定変更可能
・タッチ操作が可能
・最大20時間連続再生
・別売りのケーブルで有線も対応可
充電ケーブルは独自規格

【Nuraphone】開封・付属品チェック

Amazonプライムデーのセールで購入。
まさかの定価の約半額の27,600円!破格の値引きでついポチってしまいました。
早速開封してみます。

箱の内側がめっちゃカラフル。
箱を開けると高級感のあるケースが登場しました。

ケースはチャックではなく、マグネットで開閉するタイプとなっています。

箱を開けるとヘッドフォン本体と付属品が入っているケースが。
このケースもマグネットでついていて取り外しが可能です。

付属品
・ヘッドホン本体
・マグネット式付属品ケース
・イヤーピース

写真右下の丸いものは付属のイヤーピースになります。
デフォルトのイヤーピースが合わない場合はこちらに付け替えが可能です。

ケーブルの形状はType-CでもMicro USBでもなく独自規格。ここが難点ですねー。

ヘッドホン本体です。
一見通常のヘッドホンに見えますが・・・

中にイヤーピースが付いていて、耳にはめる形状になっています。
人によってはこれが気に入らないという人もいるかも。
しかし、この形状がこのヘッドホンの音質を向上させてくれています。

側面のロゴマーク部分がタッチ操作可能となっています。
外音取込のオンオフや再生/一時停止など左右のタップ・ダブルタップに好みの操作を割り当て可能。

【Nuraphone】良かった点

今まで使用したヘッドホンの中で最高の音質

家電量販店にも通いヘッドホンの試聴などは行ってきましたが、今まで聴いた中で一番音が良いと断言できます。それほど音質が良いし感動モノです。

やはり、聴覚測定よるパーソナライズの効果が大きいです。
設定後にパーソナライズされていないニュートラルの音と比較ができるのですが、パーソナライズされた音は圧倒的に良い音質になります。

反響モードというヘッドホン本体を振るわせる機能があるのですが、これにより低音の迫力もすごいことになります。
音の没入感・臨場感が半端じゃないです。音楽を聴くだけでなく、映画を観るのにもすごく良いんじゃないかと思います。

低音だけでなく、高音も伸びやかで素晴らしいです。
クラシック音楽などもとても綺麗に表現可能です。

何度も言いますが、マジで音質は最強!!!

装着するだけで電源オン、外せばオフになるのは便利

特に本体にボタンが付いているわけではないため、ヘッドホンを付けるだけで自動的に電源が入ります。そしてヘッドホンを外せば自動的に電源が切れてくれる。
いちいちボタン操作などが要らないのはストレスフリーでとても便利です。

ノイズキャンセリング・外音取込機能は実用的

ノイズキャンセリングはしっかり効いてくれるし、構造上耳を塞ぐ形となっているので音楽にはしっかり集中できる作りになっています。

外音取り込み機能は本製品ではソーシャルモードと呼ばれています。
とても自然に外部の音を拾ってくれますので実用的。

【Nuraphone】気になった点

耳にはめ込むため長時間の使用には向かないかも

カナル型を使うと耳が痛くなりやすいとか苦手な人にとっては長時間の使用は厳しいかと思います。
通常のヘッドホンとは異なりイヤーピースを耳にはめ込むことになりますので、カナル型のイヤホンが苦手な人には向きません。

充電ケーブルが独自規格

ケーブルが独自規格というのがNuraphoneの最大のデメリット。
ここはType-Cであってくれと強く願います。
断線したら終わりですので、この点だけはとても不便です。
ケーブルが破損してしまった場合、Amazonで購入は可能です。

本体が折りたたみ不可&ケースがでかいので場所をとる

WH-1000XM4などのヘッドホンは本体を折りたたみができてコンパクトになるが、この機種は全くコンパクトにはできない。
しかも、ケースもドーンと大きいサイズになっているので、持ち運びが前提の人にとっては厳しい選択肢になるかもしれない。
自宅でゆっくり音楽鑑賞を楽しみたい人向けと言えます。

【Nuraphone】レビューまとめ

本記事は「【Nuraphone レビュー】最強の音質。自分専用の音を作れる唯一無二のワイヤレスヘッドホン。」について書いてきました。

ケーブルが独自規格だったり、ケースが大きすぎたりと利便性ではやや難点あり。
しかしながら、音質は群を抜いてピカイチなヘッドホンになっています。
そんな音質に全振りをしたヘッドホンは世のガジェット好きにはたまらないものとなっているかと思います。
最近だとイヤホンバージョンの「Nuraloop」というものも出てるので気になりますね。

今回紹介した「「Nuraphone」」音質を追求する人にとっては心からオススメができるヘッドホンだと断言します!!
気になる方は是非購入してみてください!

どうも、かちおでしたー。



コメント

タイトルとURLをコピーしました