【2021年版】パナソニック ビエラ 液晶テレビの選び方 | おすすめモデルを紹介

テレビ

パナソニックといえば洗濯機や冷蔵庫の白物家電から、ナノイー搭載の空気清浄機や美容家電など、差様々な家電を取り扱っているため誰しもが知ってるメーカーですよね。

そんなパナソニックが発売しているテレビが、綾瀬はるかさんのCMでも有名な「VIERA(ビエラ)」になります。

本記事ではVIERA(ビエラ)の液晶テレビを比較しオススメ機種を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

パナソニック ビエラ液晶テレビのラインナップ

2020年モデル
HX950

HX900/850
HX750


2019年モデル
GX850/855
GX750/755

・アルファベットの後ろの数字が大きいほどグレードの高い機種

パナソニックの4K液晶テレビはラインナップがすっきりしていて分かりやすい印象ですね。

それでは、パナソニック ビエラ液晶テレビの2020年モデルの特徴やオススメ機種を紹介していきます!

【Panasonic VIERA(パナソニック ビエラ) 】HX750

画面サイズ型番価格
43V型TH-43HX750約78,800円
49V型TH-49HX750約83,500円
55V型TH-55HX750約98,900円

パナソニック ビエラの入門機

2020年8月発売モデル。
エントリーモデルとはいえ、IPSパネル採用。
廉価版のRGBW型ではなく、RGB型のパネルが採用されているので画質も安心。
HDR10+対応で、ドルビービジョン(Dolby Vision)の高画質認証を受けています。
4Kファインリマスターエンジン対応なので、4Kではない映像も4K相当に高画質化してくれます。

ただし、この機種のみヘキサクロマドライブとAI HDRリマスターが非搭載。
そのため、上位機種に比べて色表現やコントラスト感が劣る。

音質面は30Wのサウンドシステムに加え「Dolby Atmos」対応なので、入門機にしては悪くない性能と言えます。

スマートTVアプリも充実しており、サムネイル表示が見やすい「かんたんホーム」も搭載。

おすすめポイント
・廉価版のRGBW型ではなく、RGB型のIPSパネルなので画質も安心。
・4Kファインリマスターエンジン対応
・スピーカーは30W&Dolby Atmos対応
・スマートTVアプリが充実

注意点
・ヘキサクロマドライブとAI HDRリマスターが非搭載
・バックライトはエッジ型(エリアコントラスト制御は可能)
・サイズが55型/49型/43型の三つしかない
・倍速液晶は非搭載、クリアモーション機能があるので実質2倍速。(上位機種は実質4倍速まで可なので劣る)

【Panasonic VIERA(パナソニック ビエラ) 】HX850/900

画面サイズ型番価格
43V型TH-43HX850約88,600円
49V型TH-49HX850約94,800円
55V型TH-55HX900約112,800円
65V型TH-65HX900約148,500円
75V型TH-75HX900約213,000円

ビエラ液晶TVのスタンダードモデル

2020年発売モデル。
43V型、49V型がHX850、55インチ以上がHX900と型番が異なるがサイズの差だけでスペックは同じ。

下位機種にはないバックライトのWエリア制御が搭載されているため、直下型に近い明暗のクオリティとなっています。
また、素材解像度検出4Kファインリマスターエンジン、ヘキサクロマドライブが搭載されているため、リアルで鮮やかな色表現が可能でより高画質。

さらに、AI HDRリマスターが搭載されているため、HDR規格に対応していない映像もアップコンバートできる。

倍速液晶対応な上、下位モデルでも搭載されているクリアモーションも対応なので実質4倍速。

おすすめポイント
・バックライトのWエリア制御により直下型に近い明暗表現が可能
・ヘキサクロマドライブ、AI HDRリマスターが搭載されているため下位モデルより高画質
・倍速液晶対応
・サイズバリエーションも豊富

注意点
・特になし

【Panasonic VIERA(パナソニック ビエラ) 】HX950

画面サイズ型番価格
55V型TH-55HX950約148,000円
65V型TH-65HX950約206,000円

Panasonic 4K液晶の最上位モデル

2020年8月下旬発売のモデル。
液晶ビエラ最高峰の高輝度なプレミアム液晶ディスプレイが採用されているのが最大の特徴。
このディスプレイはHDRコンテンツの明暗表現が得意です。
ベゼルレスに近いスタイリッシュなデザインも魅力的。

音響面でも下位モデルの30Wに比べると、倍の60Wスピーカーを搭載しているため迫力のある音を楽しむことができます。
できます。
さらに、テレビ背面の上部にあるイネーブルドスピーカーが天井の音の跳ね返りを利用し、映画館のような立体音響を再現。

以上のように、画質だけではなく音響部分がかなり進化しているモデルとなっています。
外付けのサウンドバーなどを使用せずに、スタイリッシュにテレビを利用したい人には特にオススメ。

おすすめポイント
・プレミアム液晶ディスプレイが採用されているため画質が向上
・60Wスピーカー、立体音響再現により映画館のような音を楽しめる

注意点
・サイズが55V型と65V型の二種類しかない

【Panasonic VIERA(パナソニック ビエラ) 】おすすめ機種

個人的に一番オススメしたい機種はHX850/900シリーズ

音響に特別なこだわりがないのであれば、HX850/900シリーズが一番オススメ。
下位機種と比較しても画質が良く、価格差もそこまで大きくないためコスパが良いです。

【Panasonic VIERA(パナソニック ビエラ) 】まとめ

本記事は「【2021年版】パナソニック ビエラ 液晶テレビの選び方 | おすすめモデルを紹介」について書いてきました。

現在販売されているパナソニック ビエラの液晶テレビの各モデルの特徴を紹介しました。
Panasonicは液晶テレビのパネルが下位モデルでもIPSパネルが使われていて、画質面でも安心できるメーカーなのでオススメです。
また、テレビスタンドに転倒防止機能も備わっていて安全面でのこだわりも選ぶポイントになりそうですね。

どうも、かちおでした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました