【JBL FLIP6 レビュー】Flip5と比較!1万円前後の価格帯で最強の防水防塵Bluetoothスピーカー!

JBL flip6レビューガジェット

JBLで人気を誇るBluetoothスピーカーFLIP5

その後継機のFLIP6が2021年11月26日に発売されました!

早速Amazonで予約購入したものが届きましたのでレビューしていきます。

FLIP5からどう進化したのかをお伝えします!

【JBL FLIP6】スペック・FLIP5との比較

製品名JBL FLIP6JBL FLIP5
発売日2021年11月26日2019年10月4日
サイズ178 x 68 x 72 mm 181 x 69 x 74 mm
重さ550g540g
連続再生時間最大約12時間 最大約12時間
防水・防塵IP67防水防塵対応 IPX7防水対応
Bluetoothバージョン5.1 バージョン4.2
出力20W(ウーファー)+10W(ツイーター)20W
周波数特性63Hz–20kHz 65Hz–20kHz
端子USB Type-CUSB Type-C
スピーカー構成44x80mm 楕円形ウーファー×1、16mm径ツイーター × 1、パッシブラジエーター×244x80mm楕円形ドライバー×1、パッシブラジエーター×2

・より高音質になった

個別のツイーターと重低音用のデュアルパッシブラジエーターがFLIP6から新たに搭載されました。

2ウェイスピーカー構成となったことにより、低音から中高音まで全体的に音質強化がされています。

・Bluetooth5.1に対応

FLIP5はBluetooth4.2でしたが、FLIP6はBluetooth5.1対応となりました。

これにより、転送速度が2倍・通信距離4倍ほどに向上しより安定した接続が可能です。

・IP67の完全防水&防塵に対応

FLIP5はIPX7でしたが、FLIP6はIP67になったため、防水だけでなく防塵にも対応可能となりました。

・サイズとデザインが変わった

左:FLIP5 右:FLIP6

FLIP6は真ん中に大きくロゴマークがきています。
個人的にはFLIP6のデザインの方が好み。

FLIP5のサイズが181 x 69 x 74 mm。
対してFLIP6のサイズは178 x 68 x 72 mm。

FLIP5と比較すると容積が94%程度カットされているため、より持ち運びがしやすくなりました。

【JBL FLIP6】開封~付属品確認

FLIP6はAamzonで予約購入しました。

パッケージ裏面です。

早速箱を開けていきます。

付属品が入っている箱の下にスピーカー本体が登場。

付属品
・スピーカー本体
・説明書
・Type-Cケーブル

付属のType-Cの先端のは赤色になってますね。

【JBL FLIP6】FLIP5と聴き比べた感想

FLIP5もとても良い音で気に入っていましたが、FLIP6は2ウェイスピーカー構成となったため更に良い音質となっています。

特に、ボーカルが埋もれることなく際立って聴こえます。
低音と高音、ボーカルとバックミュージックなどの音の分離感がはっきりしている印象

よりクリアで迫力のある低音を楽しむことが可能となっています。

目をつぶって聴き分けても、はっきりとFLIP6の方が良い音質だと分かるくらいグレードアップされています。

【JBL FLIP6】Flip5とステレオ化できる?

「JBL connect」のアプリを使用すればEQ操作やJBLスピーカー同士の複数接続ができます。

しかし、FLIP5とはステレオモードは使えませんでした。

ステレオ再生したい場合は同じFLIP6同士を接続する必要があります。

FLIP5と接続してパーティーブーストの使用はできました。同時再生で迫力を挙げることは可能!

やっぱりFlip6を1台だけで聴くよりも、Flip5と一緒に2台接続して聴いた方が臨場感あって良いです。

まとめ

本記事は「【JBL FLIP6 レビュー】Flip5と比較!1万円前後の価格帯で最強の防水防塵Bluetoothスピーカー!」について書いてきました。

いやー、これは「買い」ですね。
FLIP5と比較しても音質が向上しているのが分かります。
特にボーカルの明瞭さが向上していて、歌声を聴いていて心地よいです。

FLIP6は1万円前後で購入できるBluetoothスピーカーでは最高の選択肢の一つと言えます。

間違いない音質と性能となっていますので、迷われている方は是非購入することをオススメします!

以上、かちおでしたー。



コメント

タイトルとURLをコピーしました