【映画感想レビュー】『ブラック・クランズマン』の個人的評価

ブラック・クランズマン映画
(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

ラストに突きつけられる人種差別という重いテーマ
「二人の刑事が挑むのは、 史上最も不可能な潜入捜査」というキャッチコピーの通り、ユダヤ人と黒人の警察が白人至上主義団体のクー・クラックス・クラン(KKK)に潜入捜査するというストーリー。

コメディタッチでテンポよく軽快に進むが、映画の最後にこれが作り話ではなく、
現実に起こっている社会問題であることを突きつけられる。

・『ブラック・クランズマン』の作品データ

監督
スパイク・リー

キャスト
出演者
ジョン・デヴィッド・ワシントン
アダム・ドライバー
ローラ・ハリアー
トファー・グレイス

原題:BlacKkKlansman
製作年:2018年
製作国:アメリカ
上映時間:128分

・『スパイダーマン:スパイダーバース』のあらすじ

出典:ブラック・クランズマン公式サイト

二人の刑事が挑むのは、史上最も不可能な潜入捜査。1970年代半ば、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、情報部に配属されると、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン〉のメンバー募集に電話をかけた。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。騒然とする所内の一同が思うことはひとつ。© 2018 Lava Films LLC. All Rights Reserved.

Amazon

超ざっくりとストーリー解説
黒人のロンとユダヤ人のフィリップが白人至上主義のKKKに潜入捜査

ロンは捜査中、黒人解放活動家のパトリスという女性と出会い仲良くなる

捜査によりKKKが黒人の集会で爆破事件を起こすことが分かった

集会の警備が厳重だったので、パトリスの家に爆破ターゲット変更

ロンとフィリップがパトリスの家に向かい事件終結

ラストシーンでドキュメンタリー映像が流れ、現実では、今日も差別問題がなくなっていないことが突きつけられる。

・『ブラック・クランズマン』の個人的な評価 かちおランク:B

7.5 / 10点

黒人の男性が白人至上主義団体に潜入捜査するという無茶な話がまず惹かれますよね。

非常に深刻な差別問題。日本にいると感じないですが、アメリカでは現在でも大きな問題となっているんですね。
それをコメディタッチに描いてしまうが、最後に重たくドーンと問題提起してくるのが衝撃的でした。

しかし、フィリップは完全にカイロレンにしか見えない。
アダム・ドライバー=カイロ・レンという印象がしばらくは拭えないなぁ。

パルム・ドールこそ適わなかったが、多数アカデミー賞ノミネートはされた良作ですので、是非観てみてください。

どうも、かちおでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました