【映画レビュー】セイフ ヘイブンの個人的評価(ネタばれあり)

映画

舞台は、ノースカロライナ州のサウスポート。素朴で美しい港町に、ひとりの女性が長距離バスでやって来るところから物語は始まる。ケイティと名乗る彼女は、海辺のレストランに就職。さらに森の中のキャビンを借り、新しい生活をスタートさせる。そんな彼女の不自由な暮らしぶりを見かねて、助けの手をさしのべるシングル・ファザーのアレックス。いつしか彼とケイティの間には、お互いを深く思いやる気持ちが芽生える。「君と一緒にいて前を向きたくなった」というアレックスの言葉に、未来への希望を見出すケイティ。しかし、ボストンに捨ててきたはずの忌まわしい過去は、そう簡単に彼女を解放してくれなかった。やがて明らかになるケイティの真実。それを知ったとき、アレックスはどんな決断を下すのか?

Amazon

意外な展開に驚き。掘り出し物映画でした。

こちらの映画、パッケージを見ただけだと単純な恋愛ものに見えます。
しかし、内容がしっかりと作りこまれており、
サスペンスフルな雰囲気と、意外な展開に驚きました。
これはAmazon Primeで観れる良質な掘り出しもの映画でした。

作品データ

監督
ラッセ・ハルストレム

キャスト
ジュリアン・ハフ
ジョシュ・デュアメル
コビー・スマルダーズ
デヴィッド・ライオンズ

原題:Safe Haven
製作年:2013年
製作国:アメリカ
上映時間:116分

「セイフ ヘイブン」のネタバレあり感想

物語は金髪のヒロイン、ケイティがボストン市警から追われるところから始まります。
なぜ追われているんだろうか?
だれかを殺してしまったんだろうかなどと、考えさせる形で物語がスタートします。

バスで逃げたケイティは港町でウエイトレスとして働くこととなる。
古い一軒家を借りて新たな生活をスタートさせた。
留守中の自宅を覗きに来ていた隣人の女性と知り合い、仲良くなる。

町の小さなお店で、6歳くらいの娘と10歳くらいの息子、
二児の父親であるイケメンパパ、「アレックス」と出会う。
このアレックスは2-3年前に病気で妻を亡くしており、男手一つで子どもを育てていた。
アレックスはケイティに一目惚れしたようだが、ケイティは警戒している様子。

ケイティの回想シーンでは、包丁を持ったケイティと倒れている死体?が。
やはりケイティは誰かを殺したのか。そしてその過去がトラウマとなっていることが描かれる。

アレックスはケイティによくしたい親切心で自転車をプレゼントするが、
ケイティは過剰に警戒し断る。
そのことを聞いた隣人の女性は、「彼は親切にしてくれただけだから受け取りなさい、過剰に反応しすぎ」とアドバイス。

その後、アレックスの息子が湖に落ちてしまうという事故が起きるが、
すかさずケイティが助けに行こうとし、それを追い越すようにアレックスが海に飛び込み息子を助け出した。このことをきっかけに、ケイティとアレックスの距離が縮まる。

刑事のシーンに移り、
ケイティを第一級殺人犯として指名手配することを決めた。

かちおの心境
やっぱり、ケイティはとんでもないことをしでかしたんだな。
アレックスといいだけ仲良くなってから、
最後にケイティの本性が暴かれてバットエンドを迎えるのかな・・・
なんて想像しながら観てました。

その後、アレックスとケイティと子供たち4人でビーチへ行き、二人の仲が深まる。
さらに、アレックスがデートに誘い、後日二人きりでカヌーへ。
カヌーのシーンはとても自然の景色が綺麗でした。
「前の奥さんともここに来ていたの?時間が傷を癒すものなの?」
と深い質問をケイティが尋ねる。
アレックスは「今まで前を向けなかったが、君といて前をむきたくなった」と告白。
「これからね。」こうして二人は恋仲となる。

しかしケイティに迫る警察の手。
ケイティの回想シーンがこの辺りで入るのだが、警察が冒頭から聞き込みをしている家のおばさんが、ケイティと繋がっていたことが判明。
そして、刑事が事件現場でケイティ宛の手紙を発見。筆跡がおばさんと一致していたため、刑事もケイティの手掛かりがこのおばさんの家にあると確信。

物語は急展開へ。
アレックスは警察の友人がいて、警察署に行ったところ、
たまたま第一級殺人犯ケイティの手配書を発見。
ケイティに怒鳴り込むアレックス。「騙したな。家族も巻き込んでしまった!」
しかし、ケイティは「暴力男に引っかかっただけ」と答えた。

かちお「お!?」

刑事ケヴィンのシーンになり真実が判明する。
急に上司に呼び出され、怒られるケヴィン。
いつも持ち歩いているペットボトルの中身は酒だった。
そして、「この手配書はなんだ、お前はいくつ規則を破ればいいんだ。停職処分だ。これはお前の妻だろ!

かちお「おお!!??」

そして回想シーン
夫はアル中DV刑事であることが判明。夫に暴力を振るわれ、殺されると思ったので、手元の包丁でケヴィン刺してしまったケイティ。
逃亡したケイティを刑事の権限を使って不法に追い回していたケヴィン。
一気に悪役は刑事ケヴィンという展開に。

真実を話したケイティとアレックスの関係は回復したが、
ついにケヴィンがケイティの居場所へたどり着く。

ケイティがアレックスの娘と二人で家にいるときに、
ケヴィンが家に油をまき始めた。「もうやめて、あなたと一緒に帰るから」とケイティが言うが時すでに遅し。ちょうどお祭りの花火が上がっていたので、火花により家に引火。

燃える自宅をアレックスが向こう岸で発見。急いでボートで向かう。
炎に包まれた家の二階には幼い娘が。ケイティはケヴィンと取っ組み合いになっている。アレックスが娘を救出。
取っ組み合いの末、ケヴィンの持っていた銃がうまいことケヴィンの方向に発砲され死亡。

かちお「お、意外とあっけなくハッピーエンドか。」

後日、アレックスが燃えた自宅で妻が遺した「手紙」を発見。
卒業式の日になどタイトルがつけられたものだった。
将来の子どもたちに宛てた手紙を遺していたのだ。
その中に、「to her(彼女へ)」というタイトルの手紙が。

かちお「ん?」

アレックスの将来の相手宛の手紙だった。
その手紙が衝撃だった。まさかのここでどんでん返し。
「これを読んでいるということは、彼は本気よ。そして、あなたも同じ気持ちであると嬉しい。私もあなたに会えたらよかった、いや、何とかしてあなたに会いにいってるかも。」
そして同封されていた写真が・・・

かちお「ファっっ!!!???」

なんと、引っ越してから仲良くしていた隣人の女性が写っていたのだ。
ゴースト落ちかい!読めんわ!!
マックスに驚かされたところで物語の幕が閉じました。

個人的な評価・かちおランク付け

かちおランクA・・7.5点(10点満点中)

いやー、面白かった。
個人的にどんでん返し系の映画が大好きで、
自分が展開読めなかったらすぐ高評価しちゃう笑
というわけで、今回はAランク認定とさせていただきました。
あまり知られていない映画だと思いますし、私自身も全くノーマークだったので、
掘り出し物が発見できて良かったです。

Amazon Primeビデオで無料で観れる映画をこちらのページでも紹介しているので、是非見てみてください。
【2020年版】Amazonプライムビデオ 衝撃のどんでん返し映画8選

どうも、かちおでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました