2020.5.16『王様のブランチ』20代から50代が選ぶ好きなSF映画ランキング

映画

毎週土曜日9:30からのお楽しみ「王様のブランチ」
映画コーナーを見逃してしまった方のために本日の映画情報をお届けします。

今回はSF映画のランキングとLiLiCoさんがおすすめするコメディ映画3選でした。

第5位.『アバター』(2019)

映像に革命を起こした大作
ジェームズ・キャメロン監督の超大作。アベンジャーズ・エンドゲームに抜かれるまで興行収入がずっと1位だったという大ヒット映画です。CGにより映画史を塗り替えたと言われる圧倒的な映像美をご堪能ください。

第4位.『マトリックス』(2019)

ついつい何度も観てしまう
ど派手なワイヤーアクション、圧倒的な視覚効果、仮想現実、潜在意識を題材とした脚本により、世界中で大ヒットを記録しました。
学生時代、男子は絶対一回は真似して反り返ったことありますよね笑

第3位.『スターウォーズシリーズ』(1978~2019)

これ以上壮大な家族映画はない
銀河を舞台にライトサイドのジェダイとダークサイドのシス、善悪の戦いを描く壮大なストーリーではありますが、同時にスカイウォーカー家という一つの家族の物語でもあります。42年にわたる壮大なストーリーが、2019年末についにシリーズ完結したことで話題となりました。

第2位.『ターミネーター』(1985)

シュワちゃん最強
圧倒的な強さで襲い掛かるターミネーター。こいつに襲われたら最後ですよね。
これまたジェームズキャメロンが生みの親です。「I’ll be back」と名BGM「ダダン、ダンダダン」はもはや社会現象ですよね。

第1位.『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)

いつ観ても最高傑作
一作目では過去に、二作目では未来に、3部作では100年前にタイムスリップ。未来と現在と過去を行き来するという、タイムトラベル映画の歴史を塗り替えた作品。
20代から50代すべての世代で一位だったそうです。全世代に愛される名作。
観たことのない方は必見の映画ですよ。

LiLiCoさんのおすすめおバカ映画1. 『マッキー』(2013)

ハエに生まれ変わる奇想天外なインド映画
こちらはインド映画になります。ハエVS人間というおバカ設定なアクションコメディ。「輪廻転生したらハエだった」という奇想天外なストーリーはとても笑えて必見です。こういうぶっ飛んだ発想が最近のインドを発展させていているのではと思えて来てしまう一作です。

LiLiCoさんのおすすめおバカ映画2. 『宇宙人ポール』(2011)

笑いと感動のSFコメディ
自動車事故の後に急に出会った宇宙人が、故郷の星に帰るための手伝いをする。スピルバーグ監督のE.T.と似たような展開だが、コメディ要素が多く、ポールのキャラがとても良い。めちゃくちゃ笑える最高な映画ですよ。

LiLiCoさんのおすすめおバカ映画3.『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』 (2010)

独身最後のバカ騒ぎ
結婚式を控えたダグが悪友2人と義理の弟の4人で、独身最後の夜をホテルで過ごしたが、翌朝起きてみると、ダグの姿がない。そして見覚えのない赤ちゃんが・・・
いったい彼らは昨夜何をしていたのか。失われた記憶がよみがえるたびに次々と衝撃の事実が発覚していく。腹を抱えて笑える映画でオススメです。


『王様のブランチ』20代から50代が選ぶ好きなSF映画ランキングまとめ

いかがでしたでしょうか。私自身スターウォーズが大好きなので、いつか別で記事にしたいなと思っています。
コメディ映画ですとハングオーバーは個人的にも大好きですので、観てない方は是非鑑賞してみてください。

どうも、かちおでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました