【Amazonセール】TV買うなら今がチャンス! ハイセンス ブランドウィークでテレビがお買い得!! ~5/30まで

Logicool G813(タクタイル/茶軸)レビュー | おすすめなメカニカルキーボード!!

G813レビューPC周辺機器

どうも、かちおです。

今まで利用していた安物キーボードの調子が悪くなってきたので、そろそろグレードの高いキーボードに買い替えたいと考えていました。

早速ヤマダ電機に行ってメカニカルキーボードの試し打ちをしたんですが、打ち心地が良すぎてびっくり。

かちお
かちお

メカニカルキーボードの打ち心地は癖になる!!

一瞬で欲しくなってしまったそのキーボードは『G913』というロジクール製のもの。

しかし、価格が約26,000円と高価なので躊躇。

そこで色々調べたところ、有線モデルの『G813』は有線か無線かの違いだけなのに1万円安く購入できてしまうことが判明!!

早速購入したので、Logicool G813をレビューします!

Logicool G813とG913の違い

G813とG913の違いは無線機能があるかないかの違いのみ。

本当にこれだけ。

つまり、無線機能以外を除けばG813はフラッグシップモデルのG913と同性能ということ。

見た目や質感、性能は全く同じです。

それなのに、G813は約16,000円、G913は約26,000円と両者の間には1万円の価格差が!!

無線機能に1万円というのは考え物です。

というわけでG813は無線機能は要らないという人にとっては非常に良い選択肢になると思います

【Logicool G813】外観・仕様

今回購入したの他のはタクタイル(茶軸)タイプのもの。

外箱から高級感が伝わってきます。

箱を開けるとlogicoolのロゴが出現。

キーボードとご対面。

アルミ製で落ち着いた色味となっており、高級感があります。

光り方も非常に綺麗で満足しています。

音楽操作などができるメディアキーが右上に搭載されています。

【Logicool G813】良かったところ

・タイピング感が最高!

今までメンブレンもしくはパンタグラフ式のキーボードしか使用したことがなかったのですが、メカニカルキーボードは打ち心地が非常に良くオススメ。

キーストロークが短く疲れにくいため、仕事用としても重宝しています。

・メディアコントロールキーが地味に便利

右上のホイールで音量調節ができるのですが、意外と頻繁に使うので、手軽に音量調節ができるのは便利だと感じました。

・見た目が非常にかっこいい

キーボードの見た目のかっこよさって大事ですよね。

安っぽいキーボードよりも、高級感のあるキーボードの方が仕事のやる気が上がります

【Logicool G813】イマイチなところ

・価格が高い

高級モデルだけあってAmazonでも16,000円ほどします。

普通はキーボードにそこまでお金を出すのは抵抗ありますよね。。

しかし、キーボードは毎日長時間使うものなので、価格に見合うだけの満足感はあります!!

・通常のフルキーボードより大きい

左側に普通のキーボードにはない『Gキー』が搭載されていることもあり、通常のキーボードよりも幅があります。

横幅が47.5cmあるので、結構大きく感じるかもしれません。

作業メインでは問題ないですが、マウスの操作の邪魔になるサイズ感なのでゲーミング用途には不向きですね。

まとめ

本記事は、『Logicool G813(タクタイル/茶軸)レビュー | おすすめなメカニカルキーボード!!』について書いてきました。

高級モデルだけあって見た目の高級感や打ち心地、機能性などは文句なしです。

非常にオススメなキーボードですので、気になってる方は購入をおススメします!

どうも、かちおでしたー。

PC周辺機器
スポンサーリンク
かちおをフォローする
かちおテック

コメント

タイトルとURLをコピーしました