【2020年5月調べ】コスパ最高のスマホを求めて(第一回)

ガジェット

どーも、最近スマートフォンの値段上がりすぎだとため息が漏れるかちおです。

スマホって毎日使いますよね。
個人的に使用頻度が高いものほど、ケチらずに質の良いものを使いたい派なんですが、
スマートフォンに10万円以上は流石に出したくない。高すぎる。
iPhoneを使用している人が多いですが、正直コスパはあまりよくないと思っています。

多くの人が知らないだけ、あるいは選択肢にすら入れていないだけで、
AndroidスマホだったらiPhoneと同等、いやそれ以上の性能のスマートフォンが、もっと安く手に入るんですよ。

ということで、コスパ最強のスマートフォンを徹底検証していきます。

・今回の「コストパフォーマンス」の選定基準

人によってスマホに求める基準がそれぞれ異なるとは思います。
例えば、本気でスマホゲームをする人であればハイエンドでGPU性能やリフレッシュレートが高いスマホを購入するべきでしょう。

今回は多くの人が普段使いで十分満足ができる程度の、Antutuベンチマークとカメラ性能を重視して厳選していきます。

・Antutuベンチマークは30万点超えのミドルレンジ上位以上
・カメラ性能は世界で信頼されているスマホカメラの評価サイトDxOMarkを参考
・価格は7万円以下に絞ります

・Antutuスコア30万点以上のスマホ羅列してみた

・iQoo Neo3
・iQoo 3 5G
・Vivo NEX 3S
・Vivo NEX 3
・RedMagic 5G
・Mi 10 Pro
・Mi 10
・Mi 9T Pro
・Mi 9
・BlackShark 2
・BlackShark 2 Pro
・Black Shark 3
・Black Shark 3Pro
・Mi MIX 2S
・Mi 8
・Mi MIX 3
・OnePlus 8
・OnePlus 8 Pro
・OnePlus 7T
・OnePlus 7T Pro
・OnePlus 7
・OnePlus 7 Pro
・Samsung Galaxy S20 Ultra
・Samsung Galaxy S20+
・Samsung Galaxy S20
・Samsung Galaxy Note10+
・Samsung Galaxy Note10
・Samsung Galaxy S10 Lite
・ Samsung Galaxy S10+
・Samsung Galaxy S10
・Samsung Galaxy S10e
・Samsung Galaxy Note9
・Samsung Galaxy S9+
・ROG Phone 2
・realme X50 Pro
・realme X2 Pro
・HUAWEI P40 Pro
・HUAWEI P40
・HUAWEI P40 Lite
・HUAWEI Mate 30 Pro
・HUAWEI P30 Pro
・HUAWEI P30
・HUAWEI nova 5T
・HUAWEI Mate 20
・HUAWEI Mate 20 Pro
・HUAWEI nova 7i
・Redmi K30 Pro
・Redmi K20 Pro Premium
・Redmi K20 Pro
・OPPO Find X2
・OPPO Find X2 Pro
・OPPO Ace2
・OPPO Reno 10x Zoom
・Lenovo Z6 Pro
・HONOR 20 Pro
・HONOR V20
・HONOR 20
・POCOPHONE F1
・Xperia 1Ⅱ
・Xperia 5
・Xperia 1
・Red Magic 5G
・Red Magic 3S

ふぅ。とりあえず羅列してみましたがたくさんありますね。
まだ沢山あるかもしれませんが、この辺りにしておきます。
ちなみにiPhoneで30万点越えは、iPhone8Plus以降となります。(iPhone8は約27万点)

・Antutuスコア30万点以上で7万円以下のスマホ一覧

・iQoo Neo3 約48,000円(Aliexpress)
・iQoo 3 5G 約59,000円(Aliexpress)
・RedMagic 5G 約65,000円(Aliexpress)
・Xiaomi Mi 9 約36,000円(Aliexpress)
・Xiaomi Mi 9T 約32,000円(Aliexpress)
・Xiaomi Mi 8 約36,000円(Aliexpress)
・Xiaomi Mi MIX 2S 約55000円(Amazon)
・BlackShark 2 約32,000円(Aliexpress)
・BlackShark 2 Pro 約50,000円(Aliexpress)
・BlackShark 3 約68,000円(Aliexpress)
・OnePlus 8 約69,000円(Aliexpress)
・OnePlus 7T 約52,000円(Aliexpress)/約56,000円(Amazon)
・OnePlus 7 約49,000円(Aliexpress)
・OnePlus 7 Pro 約63,000円(Aliexpress)
・Samsung Galaxy S10 Lite 約56,000円(Aliexpress)
・ Samsung Galaxy S10+ 約54,000円(Aliexpress)
・Samsung Galaxy S10 約51,000円(Aliexpress)
・Samsung S10e 約41,000円(Aliexpress)
・Samsung Galaxy Note9 約39,000円(Aliexpress)
・Samsung Galaxy S9+ 約41,000円(Aliexpress)
・Samsung Galaxy S9 約32,000円(Aliexpress)
・realme X50 Pro 約56,000円(Aliexpress)
・realme X2 Pro 約47,000円(Aliexpress)
・HUAWEI P30 Pro 約64,000円(Aliexpress)
・HUAWEI Mate 20 Pro 約57,000円(Aliexpress)
・HUAWEI nova 5T 約32,000円(Aliexpress)
・HUAWEI P40 Lite 約28,000円(Aliexpress)
・HUAWEI P40 約59,000円(Aliexpress)
・HUAWEI P30 約45,000円(Aliexpress)
・HUAWEI Mate 20 63,000円(Aliexpress)
・HUAWEI Mate 20 Pro 約57,000円(Aliexpress)
・HUAWEI nova 7i 約36,000円(ebay)
・Redmi K30 Pro 約50,000円(Xiaomi公式サイト)
・Redmi K20 Pro 約51,000円(ebay)
・Lenovo Z6 Pro 約60,000円(Amazon)
・HONOR 20 Pro 約41,000円(Aliexpress)
・HONOR V20 約32,000円(Aliexpress)
・HONOR 20 約30,000円(Aliexpress)
・POCOPHONE F1 約33,000円(Aliexpress)
・Red Magic 5G 約65,000円(Aliexpress)
・Red Magic 3S 約53,000円(Aliexpress)
・Red Magic 3 約50,000円(Aliexpress)
・Xperia 1 約48,000円(メルカリ)
・iPhone 8 Plus 約65,800(楽天市場)
・iPhone XR 約65,800(楽天市場)

・【DxOMark100点以上】カメラ性能の高いスマホに絞ってみた

・HUAWEI P30 Pro 約64,000円(Aliexpress)DxOMarkというカメラ性能を評価するサイトを参考に、
90点以上の評価を得ているスマホに絞りました。
ただし、DxOMarkで点数が出されていないものもありまして、
OnePlus 7T ProとOnePlus 7 Proの点数しか掲載されていなかったので、
7と7Tは114点付近?と記載しています。
100点は超えてるであろうという機種は予想で追加しています。ご了承ください。

結果は以下の通りです。
・Xiaomi Mi 9 約36,000円(Aliexpress)110点
・Xiaomi Mi 9T 約32,000円(Aliexpress)102点
・Redmi K20 Pro 約51,000円(ebay)102点
・OnePlus 7T 約52,000円(Aliexpress)/約56,000円(Amazon)114点付近?
・OnePlus 7 約49,000円(Aliexpress)114点付近?
・OnePlus 7 Pro 約63,000円(Aliexpress)114点
・ Samsung Galaxy S10+ 約54,000円(Aliexpress)113点
・Samsung Galaxy S10 約51,000円(Aliexpress)113点付近?
・Samsung S10e 約41,000円(Aliexpress)100点は超えるか?
・iQoo Neo3 約48,000円(Aliexpress)100点は超えるか?
・iQoo 3 5G 約59,000円(Aliexpress)100点は超えるか?
・realme X50 Pro 約56,000円(Aliexpress)100点は超えるか?
・HUAWEI Mate 20 Pro 約57,000円(Aliexpress)112点
・HUAWEI P30 Pro 約64,000円(Aliexpress)116点
・HUAWEI P40 約59,000円(Aliexpress)100点は超えるか?
・HUAWEI P30 約45,000円(Aliexpress)100点は超えるか?
・HONOR 20 Pro 約41,000円(Aliexpress)114点
・HONOR V20 約32,000円(Aliexpress)100点は超えるか?
・HONOR 20 約30,000円(Aliexpress)100点は超えるか?
・iPhone XR 約65,800(楽天市場)101点
・iPhone SE第二世代 54,780円(楽天市場)100点は超えるか?

・第一回調査のまとめ

まず、中華スマホはやっぱコスパいいですよね。
ただ、Aliexpressで購入すると当然安いのですが、現在はコロナの影響で到着が遅くなったり、届かないというトラブルも出てきますので、Amazonや国内で購入ができるスマホだと安心感ありますよね。

そうなると、AmazonでもAliexpressとあまり変わらない価格で購入できるOnePlus7Tはやっぱりいいですよねー。

あと値段の安いXiaomi Mi 9Tはかなりコスパ高いんじゃないでしょうか。
スナドラ865搭載しているので、性能重視でいくと、iQoo 3 5G、realme X50 Proもコスパ高い。

Xperia1がカメラ性能94点だったので若干基準から落ちてしまうんですが、現在メルカリで5万円以下で大量に出回ってるので、結構買いですよね。
やっぱandroidは1年で大幅に値下がってくれるからありがたい。

iPhoneSE第二世代も、Apple製品の中では良い選択肢だとは思うのですが、
やはりノッチがダサい。個人的にはやはりノッチレスじゃないとちょっとねー。
画面のサイズもかなり小さいし。なしだな。

やはりコスパの高いスマホはandroidから選ぼう。

バッテリー容量、防水機能や対応バンドなども重要になってくると思うので、
今後さらに詳しく調査していきたいと思います。

どうも、かちおでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました