【映画感想レビュー】『悪夢のエレベーター』の個人的評価(ネタバレあり)

悪夢のエレベーター映画

仕掛人・堀部圭亮×個性派俳優人×鬼才・木下半太のトリプル・コラボレーションが実現!! エレベーターに閉じ込められてしまった何だかワケあり気な男女4人。助けを呼ぶ手段のない非常事態。絶対関わりたくないメンバー同士がエレベーターに閉じ込められた。しかし、なぜかお互いの秘密を暴露しあっていくことに!?そして、閉ざされた空間の中、ある“謎”に気が付いたとき、遂に悪夢のような事件が起きる!しかし、扉の外では更なる悪夢が待ち受けていることを、誰も知る由はなかった――。(c) 2009「悪夢のエレベーター」製作委員会

Amazon

コメディチックなどんでん返し系邦画

木下半太の小説が原作となっており、この映画以外にもテレビドラマ化や舞台、漫画にもなっているほどで、ストーリーが良くできています。

Amazon Primeビデオで無料で観れる邦画でした

・『悪夢のエレベーター』の作品データ

監督
堀部圭亮

キャスト
内野 聖陽(安井 三郎)
佐津川 愛美(愛敬 カオル)
モト 冬樹(牧原 静夫)
斎藤 工(小川 順)
大堀 こういち(マンションの管理人)
芦名 星(須藤 陽子=小川順の愛人)
本上 まなみ(小川 麻奈美=小川順の妻)

原題:悪夢のエレベーター
製作年:2009年
製作国:日本
上映時間:105分

・『悪夢のエレベーター』のあらすじ(ネタバレあり)

とある夜、小川順がエレベーターに乗ったところ気を失ってしまう。
目を覚ますと、エレベーターの中。
そこには一人のヤクザっぽい人(安井)と、緑のジャージを着た中年のおじさん(牧原)と、若い女性(カオル)が乗っていた。
エレベーターは停止しており全く動作しない。閉じ込められてしまったのだ。
妻が産気づいているため、一刻も早く病院へ向かいたい小川。
しかし、小川が持っていた携帯はバッテリー切れ。ほかの人は携帯を持っていなかったため外に助けも呼べない状況。

3人がわめいているうちに、カオルは会話の途中で騒ぐなと狂い出しカッターナイフを出して暴れる。
何とか落ち着いてから互いに自己紹介を始める。やくざ風の安井は、刑務所から出所したばかりだという。捕まっていた理由は空き巣。出所したばかりなのに再度空き巣をするためにこのマンションに来ていたとのこと。
牧原は超能力を持っているということが判明。人に触れるとその相手の秘密がわかるという。カオルに触れその秘密を見た。
カオルはこのマンションから飛び降り自殺をするためエレベーターに乗っていた。

その後、小川にもエレベーターに乗った事情を聞くが答えたがらない。
牧原が小川に触れて秘密を見たところ、ついに秘密を告白し始めた。
小川は妻が妊娠しているにもかかわらず、不倫していたのだ。

エレベーターから出られず死んでしまう可能性も考え、悔いが残らないよう、カオルが持っていたボイスレコーダーに遺言を残すよう提案がされる。
3人が見守る中、小川はボイスレコーダーに罪の告白をするのだが、話しているうちにこのシチュエーションの不可解な点に気が付く。
意識を失う前に安井と牧原の二人しかエレベーターに乗っておらず、カオルはいなかった点。そして、安井は空き巣、カオルは自殺のため上に行くはずが、小川は降りるためにエレベーターに乗っていたという点。
これらを指摘したところ、3人は顔を見合わせる。どうやら何かのグルだということが発覚したところで、安井が注射器を取り出し、小川に打ち込み気を失わせた。

安井は実は探偵であった。小川の妻、小川 麻奈美に不倫調査を依頼をされていたのだ。探偵事務所にやってきたカオルをアルバイトとして雇い、知人のゲイバーを経営している牧原を仲間とし、3人で不倫調査をすることとなった。

作戦として、小川の不倫相手が住むマンションの管理人を買収し、エレベーターの鍵、エレベーターの止め方、防犯カメラはフェイクである情報を入手。
エレベーターに閉じ込めて、小川の本音を聞き出すという作戦だった。

しかし、小川が罪の告白中に作戦の欠陥に気づいてしまったため、仕方なく二度目の麻酔薬を打った。眠らせるだけのつもりだったが、なぜか小川は目を覚まさない。死んでしまったのだった。3人は殺人を犯したことに動揺し、この遺体をどうにかしようと話し合う。

カオル一人は冷静で、なぜか半分この状況を楽しんでいる様子。
カオルの提案により、飛び降り自殺に見せかけるため、屋上から投げることになった。
しかし、屋上には鍵がかかっていて入れない。そこで、安井が管理人の部屋に乗り込み、屋上の鍵を入手。その際、エレベーターの防犯カメラはフェイクだと言っていたのに、管理人の部屋のテレビにはエレベーターの映像が映っていた。
それに気が付いた安井は管理人に襲い掛かり取っ組み合いになった末、テレビが管理人の頭に落ちて頭から血を流し、白目をむいて気絶してしまった。

安井と牧原は小川の遺体を屋上まで運びだそうとしていたが、屋上に小川の愛人が立っていることが分かり、安井が自殺を止める。ようやく自殺を止める説得ができたかと思いきや、血だらけの管理人に遺体を運びだすところを発見される。すかさず、安井は持っていたレンチで管理人を殴り殺してしまった。
安井と牧原は小川の遺体を屋上から投げることに成功。

その後、安井はカメラが気になり管理人の部屋へ行くが、テレビに映っていたのはエレベーターもののただのAVだったことが判明。無駄に人を殺してしまったことに絶望する。

マンションを出た安井に依頼人である小川の妻から電話が。「夫が帰ってこないが大丈夫か。そして、精神病で入院していたが、2週間前に退院し、その後失踪してしまった妹から不可解なメールが届いた」とのこと。
そのメールの内容が、カオルが面接時に話していた小説のセリフだった。
その妹の名を聞き、カオルであることが発覚。二本目の麻酔はカオルが用意したものだった。麻酔の量が多すぎたことに気が付いた。
不倫をしている、姉の夫を殺すために、計画的に探偵事務所のアルバイトにやって来たのだった。

エレベーターの中での会話。安井と牧原は演技をしていたが、カオルだけは本当のことを言っていた。いじめを受けていて、境界型人格障害、青少年なんちゃら施設へ放火したことも事実だったのだ。
そして、カオルは小川の不倫相手を殺すため(放火すると思われる)、不倫相手の部屋に向かっていた。それに気づいた安井がマンションへ戻るため走り出したところで、物語は幕を閉じた。

・『悪夢のエレベーター』の個人的な評価 かちおランク:B

7.0 / 10点

予測できない展開に驚かせられました。
コメディ要素あり、サスペンス要素ありでなかなか面白かったです。

ただ、突っ込みどころが結構多かったかな。
例えば、一瞬で気絶させられる薬ってなんだよ、そしてどっから手に入れたんだよとか、自殺に見せかけたところで体から薬検出されたら他殺だと速攻ばれるんじゃ・・・など。
もう少し練られていればより良い作品になったのになといった惜しい印象でした。

とはいえ、なかなか面白かったとは思いますので、
どんでん返し系が好きな方は是非観てみてください。

どうも、かちおでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました