本日限定!Amazonタイムセール開催中!!

TCL 55C635の評価【4K 液晶テレビ】

3.5
テレビ
画像出典: TCL

TCL 55C635』は中国の家電メーカー『TCL』から発売された4K液晶テレビです。
ここではTCL 55C635のスペックや特徴を紹介し、レビューや口コミを参考に長所・短所をまとめ評価していきます。

TCL 55C635の評価とスペック

TCL 55C635の評価点

  総合評価    価格    画質  
7.5/点9.0/点7.5/点
音質機能性デザイン
6.0/点6.5/点8.0/点

TCL 55C635の基本仕様

機種名TCL 55C635
発売時期2022年5月
価格 (執筆時点最安値)83,300円
1インチ辺りの価格1,515円
パネルVA (QLED)
バックライト直下型
画素数3840×2160
画面サイズ55インチ
高画質プロセッサーAlgoエンジン
オーディオ20W
HDRHDR10
HLG
倍速パネル
4K BS/CSチューナー2
地上デジタルチューナー2
BS/CS デジタルチューナー2
HDMIHDMI2.1 x1(eARCのみ。4K/120Hz信号は非対応)
HDMI2.0 x2
ALLM / eARC / VRReARC

TCL 55C635の各項目の評価ポイント

【価格】9.0点

執筆時点の価格は83,300円
1インチあたりの価格は1,515円

QLED(量子ドット)採用テレビにしては非常に安価な機種です。

【画質】7.5点

液晶パネルはVAパネルが採用されています。
正面から見る分にはコントラスト比が高くメリハリのある映像が楽しめますが、横から見た際に白みがかりやすいので注意が必要。

本機の最も大きな特徴はQLED(量子ドット)パネルが採用されているという点。
従来の液晶パネルよりもより豊かな色彩表現が可能となっています。

映像処理エンジンは『Algoエンジン』が搭載されています。
今までの機種に搭載されていた機能「マイクロディミング」により画像のエリアを細かく分析してメリハリのある明暗を表現するのに加え、HDと2Kの映像を4K映像にアップスケーリングし、映像の動きを滑らかにする機能が付いています。

倍速パネルには非対応なので動きの速いスポーツ観戦などには向かないです。

【音質】6.0点

スピーカーの出力は20W
ウーファーがついていないため、低音が不足しています。
映画視聴などでより臨場感のあるサウンドを求める場合はサウンドバーを用意することをオススメします。

【2022年版】安いおすすめサウンドバー5選 | 1万円台で買えるのにテレビが高音質に!!

【機能性】6.5点

HDMI2.1のポートはありますが、4K/120Hzには対応していない点は要注意。
HDMI2.1機能はeARCのみ対応。
そもそも倍速パネルも搭載されていないため、PS5などの性能を最大限に発揮することはできません。

リモコンがGoogleアシスタント対応。
ボタンを押して話しかけるだけで映像検索ができるのは便利です。

Google TV搭載のため、様々なVODを楽しむことができます。
Amazon Primeビデオやネットフリックスを観たい人にはオススメ。

地デジ・BSデジタル・CSデジタルチューナーは2つ搭載のため、2番組同時録画は不可。裏録画のみ可能。

【デザイン】8.0点

ベゼルはなくスタイリッシュなデザインです。

VESA寸法W300 x H300に対応しているので壁掛けも可能です。

【総評】TCL 55C635は買いか

TCL 55C635』はネット動画をよく視聴する人にオススメです。

地デジのアップコンバート機能や2番組同時録画ができないため、地デジメインの人にはやや不向きです。
Google TVが搭載されているため、VOD機能は充実しています。
AmazonプライムビデオやNetflixを高画質で楽しみたい方にはピッタリです。

QLED採用なのにリーズナブルなのが本機の強みですので、
コスパの良いテレビをお探しの方は検討してみてはいかがでしょうか。

テレビ家電
スポンサーリンク
かちおをフォローする
かちおテック

コメント

タイトルとURLをコピーしました