【Xiaomi Pad 5 レビュー】iPadキラー登場!コスパが半端ないタブレット。

スマホ
かちお
かちお

どうも、Xiaomi大好きかちおです。

シャオミがついに価格破壊のタブレットを発売しました!

「Xiaomi Mi Pad 5 / Mi Pad 5 Pro」が2021年注目のコスパタブレットとして、ガジェット好きな人たちの間では話題になっていましたが、ついにグローバル版が発売されました。

AliExpressで初回販売セールということで299$(約3.3万円)で購入できました!安すぎる!!

後で調べたら1分くらいで売り切れたんですって!?
発売開始即ポチっといて良かった!笑

今回はそんなコスパ最強のタブレット「Xiaomi Pad 5」を紹介したいと思います!

【Xiaomi Pad 5】スペック

ディスプレイ11インチ 液晶 120Hzリフレッシュレート
解像度2560×1600
サイズ254.7 x 166.3 x 6.9 mm
重量511g
SoCSnapdragon 860
ストレージ(ROM)128GB/256GB
メモリ(RAM)6GB
バッテリー8,720mAh 33W急速充電対応
アウトカメラ1300万画素
インカメラ800万画素
防水・防塵非対応
ワイヤレス充電対応
スピーカー4基

Antutuスコア

Snapdragon 860搭載ということもあり、Antutuスコアは55万点越えでした。

購入価格3.3万円の端末のスコアじゃない!

【HUAWEI Mate 20 Pro】開封レビュー

AliExpressで購入。
2021年9月23日に購入し、10月18日に到着しました。
購入から到着まで1か月弱要しました。

段ボールで梱包はされてませんでしたが、エアパックで守られていたので中身は無事そうです。
若干隙間あるけどね。

パッケージはこんな感じ。
早速箱を開封してきます。

いつも通り、箱の角がへこんでいます。

まず本体が登場しました。

その下には説明書が入っていました。

更にその下にはACアダプターとType-Cケーブル。

付属品はType-CとACアダプターとなっていました。

後ろにシリアルナンバーとか記載されたシールが貼られてましたが、こいつが綺麗に剝がれない。

ブックオフの中古本に貼られている紙の値札シールを思い出す。

マジで剥がれないんだが・・・。

何とか剥がれたので本体を見ていきます。

Type-C充電ポートとマイク穴、その両サイドにスピーカーがついています。

画面を上向きにした状態で、左側に電源ボタンがあります。
上にもマイク穴1つ、スピーカーが2つあります。

右側面には音量ボタン、マイクが二つあります。

左側面にはキーボードを接続するための端子がついています。

【Xiaomi Pad 5】残念なところ

有機ELではなく液晶

最近のスマホやタブレットは有機ELのものが増えてますが、Xiaomi Pad 5は液晶ディスプレイです。

普段は有機ELのスマホを使用してるので画質を心配してました。

確かに斜めから見たときに有機ELよりも白っぽく見えてしまいます

しかし、正面から画面を見た場合は有機ELとあまり差を感じられないほど綺麗な液晶画面になってます。

液晶だから画質が不安と思っている人も多いかもしれませんが、全く問題ないと思います。

とはいえ、有機ELだと更に満足度は上がったことでしょう。

ベゼルが太め

ベゼルは結構太めです。

もう少し狭いとスタイリッシュでかっこ良かったんですが、値段を考えると仕方ないですね。

防水防塵非対応

防水は非対応なので、お風呂などで使用できません。

指紋認証非対応

顔認証機能はありますが、指紋認証は非搭載。

人によっては不便と感じる人もいるかもしれません。

GPS非対応

ナビに使ったり、ポケモンGOなどはできないので注意。

個人的には家でしか使わないので全く問題はなし。

【Xiaomi Pad 5】良かったところ

高級感のあるデザイン

開封して本体を見たときからカッコいいと感じています。

筐体にマット加工されており、シンプルなデザインで高級感があります。

画面ヌルヌルで動作快適

リフレッシュレートは最大120Hzに対応しているため、とても滑らかです。

さらに、スナドラ860搭載で非常にパワーがありますので、3Dゲームの動作も快適です。

臨場感のあるクアッドスピーカー

クアッドスピーカーということで、スピーカーが4個ついています。

実際に映画を観てみましたが、臨場感がありとても良い音でした。

バッテリー持ちが良い&33W急速充電可能

一日使ってもバッテリーが切れる気配は全くありません。

しかも、33W急速充電が可能なので、「ちょっと充電減ってきたなー」というタイミングで充電すればまたしばらく使えるという感じでとても便利。

コスパやばい

実際に使用してみて、これが3.3万円で購入できたと考えるとコスパ良すぎて震えます。

日本でも約4.4万ほどでAmazonで購入ができますが、それでもコスパ高くて買いです。

【Xiaomi Pad 5】まとめ

本記事は「【Xiaomi Pad 5 レビュー】iPadキラー登場!コスパが半端ないタブレット。」について書いてきました。

価格とスペックを考えるとコスパ高すぎますので、買って損はない非常にオススメなタブレットとなっています。

どうも、かちおでしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました